トップ

紫外線のことを知ろう

「最近、シミが増えてきたのよね・・・夏でもないのに」
出かける支度をしようと鏡を見て、そんな嘆きを呟いている人も、少なくないと思います。
そう、夏ならばシミが増えるのも理解できるけれど、冬に新たなシミができるなんて!
しかも、南国へ旅行に行ったり、スキーに行ったわけでもなく、ずっと屋外にいるような仕事もしていないし、趣味で屋外スポーツをしたわけでもない。

いったい、どうしてなのでしょうか?
それは、冬でもできてしまうシミの原因が、紫外線にあるということです。

*紫外線の3つの波長
紫外線には、3つの波長があって、それぞれ、UVA・UVB・UVCと呼ばれています。
そして、AよりB、BよりCというように、順を追ってエネルギーが高く強くなります。
従来は、シミ対策や皮膚がんの話に出てくる紫外線と言えば、UVA(紫外線A波)長波長紫外線と、UVB(紫外線B波)中波長紫外線のみでした。
UVC(紫外線C波)短波長紫外線は、地球の周囲にあるオゾン層に吸収されて、地球まで届く恐れがなかったからです。

しかし近年では、オゾン層の破壊が問題視されています。UVCまでもが地球に届くようになれば、シミどころか、皮膚ガンなどの深刻な影響が出てくる可能性があります。

*紫外線にも、いいところがある
こうして見てみると、紫外線というのは百害あって一利なしの邪魔者のように思えてきます。
しかし、実は紫外線にも、人体にとって良いことがあります。それは、ビタミンD生成作用です。
ビタミンDは、丈夫な骨の形成と骨粗しょう症予防、免疫力アップ、うつ病予防などに効果的です。青魚や干ししいたけなどからも摂取できますが、紫外線による刺激によって、体内で生成される量と比べれば、少ないものです。
紫外線対策をしっかりすればするほど、ビタミンDが不足しがちになるという側面があることを意識し、食品からビタミンDを補うようにしましょう。

*紫外線対策は一年中するべし!
シミ予防のために、UVスキンケアローションを塗る人は多いと思いますが、夏には一生懸命に塗ってケアするものの、冬になると、ほとんどケアしない人も多いのではないでしょうか。
実はそれが、冬に増えるシミの落とし穴です。

なぜなら、UVB(紫外線B波)中波長紫外線は、5月から9月頃にもっとも多くなる紫外線ですが、UVA(紫外線A波)長波長紫外線は、一年を通してずっと、その量が変わらず、曇りの日であろうと、雨が降っていようと、室内であろうと、容赦なくお肌に届いてダメージを与えるからです。
UVAは、3つの波長のなかでは一番弱いのですが、それでも、シミの原因としては十分なエネルギーを持っているのです。